sanpo.logo.JPG



文化サロン 話題探訪

シリーズ文化講座「文化サロン“話題探訪”」では、ビデオ、実物、写真などを使って、世界各地の話題や音楽、暮らしの今をみなさまにお届けすると共に、トーク&コンサートでは音楽家によるお話と演奏をお楽しみいただきます。

講座のお申込み・お問合せ

【定員】
通し申込み50人/各回ごと申込み10人
※各定員は申込状況により変動

【参加費】
通し申込み3,000円
各回ごと申込み1,500円
(友の会会員は通し申込みに限り1割引)

【会場】
伊丹アイフォニックホール 小ホール1

【2018年度後期 講座 受付開始日】
受付開始:9月3日(月)

【お申込み・お問合せ】
伊丹アイフォニックホール
Tel.072-780-2110(水曜休館)
当ホール事務所9:00~ ※受付初日のみ電話予約13:00~

お電話でご予約後、当ホールに参加費をご持参いただくか、郵便振替でお振込みください。
定員になり次第締め切ります。

【郵便振替 振込先】
加入者名:伊丹アイフォニックホール 口座番号:00960-4-316319
※一旦納入された参加費等は原則として払い戻しはいたしません。

平成30年度後期 文化サロン 話題探訪

■受付開始:9月3日(月)9:00~ ※初日のみ電話予約13:00~

スペイン黄金世紀のダンス

2018年11月5日(月曜日) 終了しました

19:00~20:30
小ホール1
講師:モンセ・マリ(関西カタルーニャセンター会長/
 日本スペイン文化経済交流センターエクステンション代表)

個人の、そして社会の表現手段として、ダンスはどんな意味を持つのかを見つめ直し、宮廷のダンスと大衆のダンスの違いや当時の女性の役割について考察します。
黄金世紀の背景、そしてこの時代のダンスが他の文化や時代から受けた影響、また、後世のダンスにどのように影響を及ぼしたのかについて、理解を深めましょう。
Let's get together in a dancing mood.

フラメンコの魅力
~歌、ギター、踊り 三位一体の芸術~

トーク&コンサート
2018年12月10日(月曜日) 定員に達しました。 文化サロン スペイン チラシA4.jpg11月。12月の文化サロンチラシJPG画像(拡大)はここをクリック

19:00~20:30
小ホール1
講師:“Las Patata”(フラメンコ・ユニット/福島美帆・上林功)
   ラス・パタータ

日本でのフラメンコは、「情熱的な舞踊」というイメージが強いですが、スペインでのフラメンコはCante(カンテ/歌)が主流です。Baile(バイレ/踊り)を伴う場面では「Baile flamenco(バイレ・フラメンコ)」と表記されます。
「Flamenco」の語源を紐解きつつ、その成り立ちや「三位一体」と言われる芸術の背景、スペインにおけるフラメンコの日常などを演奏や踊りを交えて解説します。

音のアラベスク~中東の弦楽器ウードの響き~

トーク&コンサート
2019年2月11日(月曜日) saron0211j.jpgPDF画像はここをクリック

19:00~20:30
小ホール1
講師: 常味裕司(ウード奏者)

西洋のリュート、そして日本の琵琶の祖先であるウードは人間の心を原点に立ち返らす、どこか懐かしい響きを持った中東の代表的な弦楽器です。
マカームという微分音程を含む独特の旋法理論やリズムについて特にアラブやトルコの古典曲を通して解説します。
▲ ページトップへ

平成30年度前期 文化サロン 話題探訪

民芸品から拡がるロシアの文化

2018年5月21日(月曜日) 終了しました
saron5-6月.jpg
19:00~20:30
小ホール1
講師:牛塚いづみ(ロシア雑貨いりえのほとり 店主)

広大な国土を持ち、さまざまな民族や宗教、思想が共存するロシアでは、民芸品も地方によって風合いや意味合いが異なり、その豊かな色彩が人々の生活に安らぎを与えてきました。有名なマトリョーシカ以外にも、人を幸せにする知られざる民芸品がたくさんあります。
歴史や習慣、食、文化なども交えながら、民芸品から拡がるロシアの魅力をお伝えします。

マトリョミン聴いてミン、弾いてミン?

トーク&コンサート
2018年6月18日(月曜日)  終了しました
saron0618.JPG
19:00~20:30
小ホール1
講師: 竹内正実(テルミン奏者、研究、有限会社マンダリンエレクトロン代表(マトリョミンのメーカー))

触れずに奏でる世界最古の電子楽器「テルミン」の機能をかわいいマトリョーシカの中に収めたのが「マトリョミン」。オーナー第一号は黒柳徹子さん。2013年には272名で合奏し、ギネス世界記録を樹立。ロシア人もびっくりのマトリョミン、聴いてミン? 弾いてミン!?

中世ヨーロッパの音楽と楽譜

トーク&コンサート
2018年9月3日(月曜日) 終了しました
19:00~20:30saron0903.jpg
小ホール1
講師:坂本卓也 (ヴィエール(中世フィドル)/ヴァイオリン奏者)

中世のヨーロッパには、グレゴリオ聖歌をはじめとした教会音楽、吟遊詩人による恋の歌、ダンス・ミュージックなど、さまざまな音楽がありました。それらは写本に楽譜として書き留められることで現代にまで伝えられています。人はいかにして音楽を記録してきたか、また、求められる音楽の変化にあわせてどのように記譜法を工夫していったのか、譜例と実演を交えながらご紹介します。

▲ ページトップへ

アイフォニック音楽教室 ♪

―音楽ホールで学ぶ連続実技講座で、あなたもブラッシュアップ!―

◆ゴスペルコンサート 2018
2018年12月17日(月)開催
↑↑クリックでチラシPDFが開きます

◆2018年冬期 アイフォニック音楽教室 「オカリナ教室」「ゴスペル教室」

12月4日(火)受付開始

◆2019年 アイフォニック音楽教室 「音楽ホールでルネサンスギターを奏でよう」
2019年1月26日(土)受付開始

・当ホール事務所9:00~/電話予約13:00~ 

<オカリナ教室>
◆冬期受付 12月4日(火)から

※新規の方、若干名の募集あり。経験者の方はご相談ください。
入門クラス あたたかい土の音、「オカリナ」で思い出の曲、大好きな曲を吹いてみませんか?
持ち方から丁寧に指導いたします。
初級クラス オカリナがかわいくなってきたら、次はあの曲を吹いてみましょう!仲間と楽しい演奏をしませんか?
中級クラス
講師 オカリナ奏者 大迫ちか子
オカリナを小林理子氏に師事。吹田市を中心に演奏活動を行う。
2012年より「スイートポテトオカリナ合奏団」メンバー。
演奏予定曲目 入門:「小さな木の実」「365日の紙飛行機」「花は咲く」 他
初級:「エーデルワイス」「野に咲く花のように」「銀色の道」 他
中級:「ホール・ニュー・ワールド」「第三の男」「雨に唄えば」 他
日時 1/8・22 2/12・26 3/12・26
火曜日 全6回
時間 初級 10:30~12:00
中級 12:30~14:30
入門 15:00~16:30 ※新規の方14:45~
受講料 6,000円
定員 各クラス15名
場所 1階小ホール②
※新規の方、若干名募集あり。経験者の方はご相談ください。
※新規の方、テキスト代500円(アルトC管お持ちでない方、オカリナ代14,000円
※最少催行人数各6名

 

<ゴスペル教室>
 ◆秋期受付 7月6日(金)から
歌が好きな方、何かを始めてみよう、とお考えの方!一緒にゴスペルを歌いませんか?
発声はもちろん、楽しんで歌う!!をモットーに、現在も初心者の方から、
年齢を問わず参加していただいています。たくさんの歌声をお待ちしております。

☆ゴスペル教室 秋期講座 日程の変更について
11/26(月)⇒11/19(月)


ゴスペルコンサート2018


↑クリックでチラシPDFが開きます!

出演:アイフォニック音楽教室「ゴスペル」受講生 becchi(講師)
会場:伊丹アイフォニックホール メインホール
開催日:2018年12月17日(月)
開演:14:00(開場13:30)
料金:無料

お問合せ:伊丹アイフォニックホール
℡.072-780-2110(9:00~22:00・水曜休館) 

 
講師 becchi (シンガー)
シンガーソングライターとして活躍中。ゴスペルの素晴らしさに触れ、現在はイベントや病院、施設を中心に歌う事の楽しさ素晴らしさを広めるため日々活動をつづけています。
演奏予定曲目 「We Acknowledge You」「God Is Working」 他
※変更の可能性あり
日時 1/7・21 2/4・18 3/4・18
月曜日 全6回
時間 午前クラス11:00~12:30
午後クラス13:30~15:00
受講料 6,000円
定員 各クラス30名
場所 1階小ホール②
※教材代(練習用CD)別途要500円
 ※最少催行人数各6名
※午前・午後クラスとも、同じ内容です。
※講座内容は録音可能です。
必要な方はボイスレコーダー等お持ちください。 


◆2019年 アイフォニック音楽教室


<音楽ホールでルネサンスギターを奏でよう>

アイフォニックホール×工芸センター 連携事業
◆受付 2019年1月26日(土)から
当ホール事務所9:00~22:00
ウクレレのルーツでもある“ルネサンスギター”を演奏してみませんか?
初心者の方、楽譜が読めない方も大歓迎!経験者の方にはそれぞれの技量に応じた指導もいたします。


16世紀に親しまれた“ルネサンスギター”。
人々はギターをつま弾き、また時にはかき鳴らし、日常の喜怒哀楽を表現していました。
簡素な楽器として庶民にも親しまれていましたが、王侯貴族にも愛され、
芸術豊かな曲集も出版されています。
時代背景、楽譜、奏法を学び、ルネサンス音楽の楽しさに触れてみませんか?
 
講師 佐野健二 (リュート・ギター奏者、EMC主宰、相愛大学非常勤講師)
英国ギルドホール音楽演劇学校主席卒業。
演奏家として多くの賞を受賞するだけでなく、自ら楽器製作も手がける。 
演奏予定曲目 「ベルガマスカ」「村のブランル」「グリーンスリーブス」 他

日時 2019年 5/25 6/1・8・22 7/13・20 
土曜日 全6回
日程は変更の可能性あり
時間 14:00~15:30
受講料 12,000円
定員 15名 ※最小催行人数7名
場所 1階小ホール①
対象 伊丹市立工芸センターの「古楽器制作講座受講者で、楽器を製作された方
※ウクレレやギターをお持ちの方(上記講座の楽器製作をされていない方)
(ルネサンスギターはウクレレと同じ調弦です。普通のギターで受講の方は
5フレット目にカポタストをつけていただきます。)
※楽器のレンタルはありません。
 
工芸センター
古楽器製作講座 
古楽器製作講座「ルネサンスギターを作ろう」
◇日程:2019年1/26(土)~【土曜日・全8回】
◇時間:12:00~16:00
◇講師:佐野健二
詳細は 伊丹市立工芸センター 072-772-5557 

 


<初心者のためのオペラ合唱教室>

―音楽ホールで学ぶ連続実技講座で、あなたもブラッシュアップ!-
◆受付 2018年3月30日(金)から
終了しました

当ホール事務所9:00~/電話予約13:00~ 

今までオペラを歌ったことがなくても参加できる初心者のための音楽教室です。
発声のためのカラダづくりやイタリア語の読み方などを楽しく学びながら、
オペラを歌うことで心も体も元気になりましょう♪
男女問わず、みなさまのご参加をお待ちしております!

講師 森川華世(声楽家)
ピアニスト 殿護弘美
日時 2018年 5/11・25 6/8・15 7/6  ⇒7/27
金曜日 全5回
練習スケジュール
(予定)
1回目 準備運動・発声方法
2回目 イタリア語・楽譜の読み方
3回目 イタリア語で歌ってみよう 
4回目 『カヴァレリア・ルスティカーナ』に挑戦!
5回目 成果発表 7月6日(金)中止⇒振替日 7月27日(金) 19:00~22:00
『カヴァレリア・
ルスティカーナ』
とは
人々の日常生活を描く“ヴェリズモ・オペラ”の中でも傑作と呼ばれる作品の一つ。
舞台は南イタリアのシチリア島にある村。
復活祭の朝、村娘サントゥッツアは恋人のトゥリッドゥが今や人妻となった元恋人のローラと密会しているのを知ってしまう。
愛と嫉妬がもたらした悲劇を描いた作品。 
時間 19:00~20:30
受講料 5,000円
定員 30名 ※最小催行人数10人
場所 1階小ホール②
※準備運動などをするので、動きやすい服装でお越しください。
お着替えのスペースはございません。




*****************************

申込方法:当ホール事務所に受講料を持参、または電話でご予約後、10日
以内に受講料を郵便振替でお振込みください。定員になり次第締め切ります。
※一旦納入された受講料は原則として払い戻しはいたしません。

【振込先】 口座番号:00960-4-316319 加入者名:伊丹アイフォニックホール
※住所・氏名・電話番号を指定の欄にご記入の上、通信欄に人数、教室名をお書きください。
※払込手数料はご負担願います。
 


▲ ページトップへ



鳴く虫と郷町


Facebook.jpeg



▲ ページトップへ