文化サロン 話題探訪

シリーズ文化講座「文化サロン“話題探訪”」では、ビデオ、実物、写真などを使って、世界各地の話題や音楽、暮らしの今をみなさまにお届けすると共に、トーク&コンサートでは音楽家によるお話と演奏をお楽しみいただきます。

講座のお申込み・お問合せ

【定員】
通し申込み60人/各回ごと申込み10人
※各定員は申込状況により変動

【参加費】
★5月11日(月)「古楽とヨーロッパの民族音楽」中止のため、
「通し申込」「友の会会員」の料金体系が変更になります。
詳しくは伊丹アイフォニックホールにお問合せください。

通し申込み3,000円
各回ごと申込み1,500円
(友の会会員は通し申込みに限り1割引)

【会場】
伊丹アイフォニックホール 小ホール1

【2020年度前期 講座 受付開始日】
受付開始:3月26日(木)

【お申込み・お問合せ】
伊丹アイフォニックホール
Tel.072-780-2110(水曜休館)
当ホール事務所9:00~ ※受付初日のみ電話予約13:00~

お電話でご予約後、当ホールに参加費をご持参いただくか、郵便振替でお振込みください。
定員になり次第締め切ります。

【郵便振替 振込先】
加入者名:伊丹アイフォニックホール 口座番号:00960-4-316319
※一旦納入された参加費等は原則として払い戻しはいたしません。

令和2年度前期 文化サロン 話題探訪

古楽とヨーロッパの民族音楽

トーク&コンサート
2020年5月11日(月曜日)salon0511.jpg
中止

新型コロナウイルス感染症予防対策のため、5月11日(月)「古楽とヨーロッパの民族音楽」は中止となりました。



19:00~20:30
小ホール1
講師:濱田芳通(リコーダー&コルネット奏者、アントネッロ代表)
アシスタント:織田優子(北欧フォークフルート奏者)

クラシック音楽が古い時代の楽曲を取り上げるとき、その時代を紐解く「歴史学」が「音楽」に深く関わることになり、また時には「民族音楽」からも多くのヒントを得ます。それらを学んでいると、クラシック音楽が忘れてしまった生き生きとした演奏スタイルを目の当たりにすることができます。
本講座では、そういった数々の古楽と民族音楽の狭間で繰り広げられる演奏を聴きながら、伝統、ジャンル、スタイルなどの持つ意味を探っていきます。

関連公演のご案内

北欧弦楽アンサンブル カウナン “受け継がれる古のメロディ”salon0511j.jpgチラシPDFはここをクリック
2020 年6 月27 日(土)15:00 開演 伊丹アイフォニックホール
前売:一般4,000 円、学生2,500 円(当日各500 円増、全席指定)

雅楽のたのしみ~ いろいろな雅楽を聴いてみよう

2020年7月6日(月曜日) salon0706.jpg

19:00~20:30
小ホール1
講師:寺内直子(神戸大学大学院国際文化学研究科 教授)

11月開催の雅楽「伶楽舎」公演と関連して、個性溢れる雅楽の楽器たち、美しい装束を着けて優雅に舞われる舞楽の数々を、視聴覚資料を交えながら解説します。また、古典雅楽だけでなく、廃絶曲の復元、新作雅楽など新しい雅楽の動向についても紹介します。

木を打つ~ 木から生まれた打楽器たち

トーク&コンサート
2018年9月28日(月曜日) salon0928.jpg
19:00~20:30
小ホール1
講師:安永早絵子(ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団 打楽器奏者)

マリンバを始め、カホン、ウッドブロック、ログドラムなど、世界各地の木製打楽器の音色とそこから生まれる多種多様な音楽をお楽しみいただきます。実際に楽器に触れてみるコーナーもございます!


▲ ページトップへ

令和元年 後期 文化サロン 話題探訪

■受付開始:9月5日(木)9:00~ ※初日のみ電話予約13:00~

バグパイプの世界

2019年10月21日(月曜日) 終了しましたsaron1021-js.jpgチラシPDFはここをクリック

19:00~20:30
小ホール1
講師:嶋和彦(浜松市楽器博物館 前館長)
演奏:松阪健(バグパイプ/イーリアン・パイプス奏者)

空気を溜める革袋の「バッグ」、メロディを奏でるオーボエ系の「チャンター・パイプ」、そして一定の低音を鳴らし続けるクラリネット系の「ドローン・パイプ」がバグパイプの3要素。
構造は単純から複雑、意匠は素朴から豪華、愛好者は農民から貴族、空気は吹き込み式と蛇腹式等々、種類は様々。スコットランドのハイランド・パイプやアイルランドのイーリアン・パイプスは有名どころ。
それ以外にも北アフリカやヨーロッパ、西アジア、中央アジアには、魅力的なバグパイプがいっぱい!
さて、そんなバグパイプの魅力をデモ演奏を交えてご紹介します。
.

南インド古典舞踊~神々の舞~

トーク&コンサート
2019年11月25日(月曜日) 終了しました saron1125-s.jpgチラシPDFはここをクリック

19:00~20:30
小ホール1

講師:モガリ真奈美(マルガユニティー主宰、関西日印文化協会 理事)

太古(約4,500年前)に寺院で巫女の舞として発祥した南インド古典舞踊は、神々への感謝・祈りや神話を表現し、リズミカルなステップに合わせた目・首・指の繊細な動きと、全身のダイナミックな動きが特徴です。
踊りの説明と併せて神々の舞をご覧いただき、また南インド文化の魅力を太古が息づく南インドの街中の映像で紹介します。

※一部チラシにおいて、受付開始日を誤って表記しておりました。
 慎んでお詫び申し上げます。

魅惑のエチオピア、ポピュラー音楽紀行

2020年2月17日(月曜日) 終了しました saron0217-s.jpgチラシPDFはここをクリック

19:00~20:30
小ホール1
講師: 川瀬慈(国立民族学博物館/総合研究大学院大学准教授)

エチオピアの音階にジャズやブラスバンドの要素が加わり花開いた帝政末期(1960年代~1970年代前半)のエチオピアのポピュラー音楽。この発展の背景には、皇帝とアルメニア人孤児たちの出会いがあった。
20世紀のエチオピアのポピュラー音楽の礎となった皇室所属の軍楽隊の誕生と歴史的変遷を辿り、さらにはその音楽が世界各地の様々なミュージシャンに与えた影響などを映像や音源資料とともに解説します。




▲ ページトップへ

令和元年(平成31年度)前期 文化サロン 話題探訪

■受付開始:4月4日(木)9:00~ ※初日のみ電話予約13:00~

イタリア・ナポリから来たピザ窯と樽

2019年6月3日(月曜日) 終了しましたsaron0603.jpg

19:00~20:30
小ホール1
講師:石田雅芳(立命館大学 食マネジメント学部教授)

パスタやピザなど、日本でもとても親しまれているイタリア料理。
2018年に立命館大学・食マネジメント学部が新設された記念としてイタリアから贈られた2つのアイテムを中心に、イタリアの食をテーマにお話ししていただきます。
一つはナポリのピザ協会より、3トンもあるフルサイズの「ピザ窯」。もう一つはナポリ近郊のアマルフィ海岸から、伝統の魚醤を作るときに使われる「小樽」。
これらを中心に、写真・スライドを交えながら奥深いイタリア料理の世界をお楽しみください。
.

ハンドパン
~見て・聴いて・触って感じる魅惑の音色~

トーク&コンサート
2019年7月15日(月曜日) 終了しました saron0715.jpg

19:00~20:30
小ホール1

講師:SHU(シュウ/ハンドパン奏者)

2001年にスイスのメーカーによって発明された金属製の楽器Hang(ハング)に由来を持ち、素手(ハンド)で叩いて演奏する“ハンドパン”。
新しいのに懐かしくて、見た目と演奏方法からは想像もつかないような素敵な音色が出るこの楽器を、見て・聴いて・触ってみませんか?
日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」や関西テレビ「よ~いドン!」にも出演したハンドパン奏者であり、日本唯一のハンドパン専用ショップも運営するSHUがハンドパンの魅力を存分にお伝えします。

KUROBO HANDPAN(クロボーハンドパン)→http://hang-drum.info

鍵盤リコーダー
“アンデス”って面白い楽器なんです!

トーク&コンサート
2019年9月23日(月曜日) 終了しました 20190923_sam.jpg

19:00~20:30
小ホール1
講師: クッキーハウス(器楽合奏ユニット)

アンデスという楽器を知っていますか?
鍵盤と吹き口を備え、鍵盤ハーモニカでもリコーダーでもない独特のカワイイ音色を奏でます。
とても歴史の浅い、簡単だけど奥の深いアンデスの魅力を、他の楽器との比較も交えて楽しく紹介します。

クッキーハウス(器楽合奏ユニット)→https://cookiehouse.info

アンデス_mini.jpg<アンデスってなんです?>
楽器メーカー 鈴木製作所の「アンデス25F」。
すべての鍵盤に笛がついており、息を吹き込み鍵盤を押して音を出します。
ほのぼのとした憎めない音色に虜になる方も多数!
(鈴木楽器製作所→https://www.suzuki-music.co.jp/products/22031/



▲ ページトップへ

平成30年度後期 文化サロン 話題探訪

■受付開始:9月3日(月)9:00~ ※初日のみ電話予約13:00~

スペイン黄金世紀のダンス

2018年11月5日(月曜日) 終了しました

19:00~20:30
小ホール1
講師:モンセ・マリ(関西カタルーニャセンター会長/
 日本スペイン文化経済交流センターエクステンション代表)

個人の、そして社会の表現手段として、ダンスはどんな意味を持つのかを見つめ直し、宮廷のダンスと大衆のダンスの違いや当時の女性の役割について考察します。
黄金世紀の背景、そしてこの時代のダンスが他の文化や時代から受けた影響、また、後世のダンスにどのように影響を及ぼしたのかについて、理解を深めましょう。
Let's get together in a dancing mood.

フラメンコの魅力
~歌、ギター、踊り 三位一体の芸術~

トーク&コンサート
2018年12月10日(月曜日) 終了しました。
文化サロン スペイン チラシA4.jpg

19:00~20:30
小ホール1
講師:“Las Patata”(フラメンコ・ユニット/福島美帆・上林功)
   ラス・パタータ

日本でのフラメンコは、「情熱的な舞踊」というイメージが強いですが、スペインでのフラメンコはCante(カンテ/歌)が主流です。Baile(バイレ/踊り)を伴う場面では「Baile flamenco(バイレ・フラメンコ)」と表記されます。
「Flamenco」の語源を紐解きつつ、その成り立ちや「三位一体」と言われる芸術の背景、スペインにおけるフラメンコの日常などを演奏や踊りを交えて解説します。

音のアラベスク~中東の弦楽器ウードの響き~

トーク&コンサート
2019年2月11日(月曜日) 終了しました。
saron0211j.jpg

19:00~20:30
小ホール1
講師: 常味裕司(ウード奏者)

西洋のリュート、そして日本の琵琶の祖先であるウードは人間の心を原点に立ち返らす、どこか懐かしい響きを持った中東の代表的な弦楽器です。
マカームという微分音程を含む独特の旋法理論やリズムについて特にアラブやトルコの古典曲を通して解説します。
▲ ページトップへ

アイフォニック音楽教室 ♪

―音楽ホールで学ぶ連続実技講座で、あなたもブラッシュアップ!―

◆2020年 アイフォニック音楽教室 「初心者のためのオペラ合唱教室」
3月27日(金)受付開始


◆2020年春期 アイフォニック音楽教室 「オカリナ教室」「ゴスペル教室」

3月6日(金)受付開始

◆2020年 アイフォニック音楽教室 「音楽ホールでルネサンスギターを奏でよう」
2020年1月25日(土)受付開始


・当ホール事務所9:00~/電話予約13:00~ 


【重要】

新型コロナウイルス感染症への対策に伴い、4月30日(木)までに行われるゴスペル教室(4月13・27日開催分)とオカリナ教室(4月14・28日開催分)につきましては、中止することになりました。





<オカリナ教室>
◆春期受付 3月6日(金)から

※新規の方、若干名の募集あり。経験者の方はご相談ください。
入門クラス あたたかい土の音、「オカリナ」で思い出の曲、大好きな曲を吹いてみませんか?
持ち方から丁寧に指導いたします。
初級クラス オカリナがかわいくなってきたら、次はあの曲を吹いてみましょう!仲間と楽しい演奏をしませんか?
中級クラス
講師 オカリナ奏者 大迫ちか子
オカリナを小林理子氏に師事。吹田市を中心に演奏活動を行う。
2012年より「スイートポテトオカリナ合奏団」メンバー。
演奏予定曲目 入門:「久しき昔」「埴生の宿」 他
初級:「雨にぬれても」「いのちの歌」 他
中級:「故郷は今も変わらず」「この道」 他
日時 4/14・28(中止) 5/12・26 6/9・23 7/7・21
火曜日 全8回
時間 初級 10:30~12:00
中級 13:00~14:30
入門 15:00~16:30 ※新規の方14:45~
受講料 8,000円※
定員 各クラス15名
場所 1階小ホール②
※新規の方、若干名募集あり。経験者の方はご相談ください。
※新規の方、テキスト代500円(アルトC管お持ちでない方、オカリナ代20,900円
※最少催行人数各6名

 

<ゴスペル教室>
 ◆冬期受付 3月6日(金)から
歌が好きな方、何かを始めてみよう、とお考えの方!一緒にゴスペルを歌いませんか?
発声はもちろん、楽しんで歌う!!をモットーに、現在も初心者の方から、
年齢を問わず参加していただいています。たくさんの歌声をお待ちしております。 
講師
 
becchi (シンガー)
シンガーソングライターとして活躍中。ゴスペルの素晴らしさに触れ、現在はイベントや病院、施設を中心に歌う事の楽しさ素晴らしさを広めるため日々活動をつづけています。
演奏予定曲目 「My Life Is in Your Hands」「Glorious」 他
※変更の可能性あり
日時 4/13・27(中止) 5/11・25 6/8・22 7/6・20
月曜日 全8回
時間 午前クラス11:00~12:30
午後クラス13:30~15:00
受講料 8,000円※
定員 各クラス30名
場所 1階小ホール②
※教材代(練習用CD)別途要500円
 ※最少催行人数各6名
※午前・午後クラスとも、同じ内容です。
※講座内容は録音可能です。
必要な方はボイスレコーダー等お持ちください。 

クリスマス
 
ゴスペルコンサート
2019 
演奏曲目(予定)
♪O Come All Ye Faithful
♪Because of Who You Are
♪ This Little Light of Mine(ワークショップ)
♪Joyful Joyful
♪ Let It Be
出演
 
アイフニック音楽教室「ゴスペル」受講生
ベッチ
becchi(講師) 
会場 伊丹アイフォニックホール メインホール
開催日 2019年12月16日(月) 終了しました
開演 14:00(開場13:30)
料金 無料



◆2020年 アイフォニック音楽教室



<音楽ホールでルネサンスギターを奏でよう>

アイフォニックホール×工芸センター 連携事業
◆受付 2020年1月25日(土)から
当ホール事務所9:00~22:00
ウクレレのルーツでもある“ルネサンスギター”を演奏してみませんか?
初心者の方、楽譜が読めない方も大歓迎!経験者の方にはそれぞれの技量に応じた指導もいたします。


16世紀に親しまれた“ルネサンスギター”。
人々はギターをつま弾き、また時にはかき鳴らし、日常の喜怒哀楽を表現していました。
簡素な楽器として庶民にも親しまれていましたが、王侯貴族にも愛され、
芸術豊かな曲集も出版されています。
時代背景、楽譜、奏法を学び、ルネサンス音楽の楽しさに触れてみませんか?
(ポルトガル人によってルネサンスギターがハワイに持ち込まれ、現在のウクレレになったと言われています)
 
講師 佐野健二 (リュート・ギター奏者、EMC主宰、相愛大学非常勤講師)
英国ギルドホール音楽演劇学校主席卒業。
演奏家として多くの賞を受賞するだけでなく、自ら楽器製作も手がける。 
演奏予定曲目 「ベルガマスカ」「村のブランル」「グリーンスリーブス」 他

日時 2020年 5/16・23 6/6・13・27 7/11 
土曜日 全6回
日程は変更の可能性あり
時間 14:00~15:30
受講料 12,000円
定員 15名 ※最小催行人数7名
場所 1階小ホール①
対象 伊丹市立工芸センターの「古楽器制作講座受講者で、楽器を製作された方
※ウクレレやギターをお持ちの方(上記講座の楽器製作をされていない方)
(ルネサンスギターはウクレレと同じ調弦です。普通のギターで受講の方は
5フレット目にカポタストをつけていただきます。)
※楽器のレンタルはありません。
 
工芸センター
古楽器製作講座 
古楽器製作講座「ルネサンスギターを作ろう」
◇日程:2020年1/25(土)~【土曜日・全8回】
◇時間:12:00~16:00
◇講師:佐野健二
詳細は 伊丹市立工芸センター 072-772-5557 

音楽ホールでルネサンスギターを奏でよう」 チラシPDFはここをクリック

 


<初心者のためのオペラ合唱教室>

―音楽ホールで学ぶ連続実技講座で、あなたもブラッシュアップ!-
◆受付 2020年3月27日(金)から

当ホール事務所9:00~/電話予約13:00~ 

今までオペラを歌ったことがなくても参加できる初心者のための音楽教室です。
発声のためのカラダづくりやイタリア語の読み方などを楽しく学びながら、
オペラを歌うことで心も体も元気になりましょう♪
男女問わず、みなさまのご参加をお待ちしております!

講師 森川華世(声楽家)
ピアニスト 殿護弘美
日時 2020年 5/8・15・29 6/12・26 
金曜日 全5回
講座内容
(予定)
・準備運動・発声方法
・イタリア語・楽譜の読み方
・イタリア語で歌ってみよう 
・『ナブッコ』に挑戦!

『ナブッコ』とは 紀元前6世紀のエルサレム。敵国バビロニア王ナブッコによる侵略で、
ヘブライ人達は怒りと混乱に陥る。
一方バビロニアでは王女達が謀反や改宗をする。怒ったナブッコは神々を
罵り自らが唯一の神だと叫ぶが、その刹那、王冠は雷に落とされる…。
第3幕でバビロニア軍に捕らわれたヘブライ人たちが望郷の念を歌う
「行け、わが思いよ、黄金の翼に乗って」は勇壮な響きの合唱曲。
イタリアでは「第2の国家」と呼ばれるほどに愛されており、ヴェルディ
葬儀の際には820人の歌手によって歌われた。 
時間 19:00~20:30
受講料 5,000円 
定員 50名 ※最小催行人数12人
場所 1階小ホール②
※準備運動などをするので、動きやすい服装でお越しください。
お着替えのスペースはございません。




*****************************

申込方法:当ホール事務所に受講料を持参、または電話でご予約後、10日
以内に受講料を郵便振替でお振込みください。定員になり次第締め切ります。
※一旦納入された受講料は原則として払い戻しはいたしません。

【振込先】 口座番号:00960-4-316319 加入者名:伊丹アイフォニックホール
※住所・氏名・電話番号を指定の欄にご記入の上、通信欄に人数、教室名をお書きください。
※払込手数料はご負担願います。

 


▲ ページトップへ



鳴く虫と郷町


Facebook.jpeg



▲ ページトップへ