文化サロン 話題探訪

シリーズ文化講座「文化サロン“話題探訪”」では、ビデオ、実物、写真などを使って、世界各地の話題や音楽、暮らしの今をみなさまにお届けすると共に、トーク&コンサートでは音楽家によるお話と演奏をお楽しみいただきます。

LinkIcon過去の文化サロン“話題探訪”についてはこちら

講座のお申込み・お問合せ


【定員】
60名
(新型コロナウイルス感染症の感染状況によって、定員以下で締め切る場合がございます)


【参加費】
3回通し申込み3,000円
各回ごと申込み1,500円
(友の会会員は通し申込みに限り1割引)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、講座当日(通しの方は初回時)のお支払いとさせていただきます。
また、内容等が変更になる可能性がございます。何卒ご了承ください。

【会場】
伊丹アイフォニックホール 小ホール1

【2021年度前期 講座 受付開始日】
受付開始:3月26日(金)9:00~
※初回のみ電話予約13:00~
【2021年度後期 講座 受付開始日】
受付開始:9月3日(金)9:00~
※初回のみ電話予約13:00~

【申込方法】
お電話、またはご来館にてお申込みください。
定員(60名)になり次第、締め切ります。
※9/6「家紋はお守り~千年の想いを未定へ~」は定員30名
※11/8「韓国の語り芸・パンソリを楽しもう!」は定員80名

【お申込み・お問合せ】
伊丹アイフォニックホール
Tel.072-780-2110(水曜休館)
当ホール事務所9:00~ ※受付初日のみ電話予約13:00~

令和3年度 後期 文化サロン“話題探訪”

ジャズーその誕生と変遷

2022年2月14日(月)
チラシPDFはここをクリック
19:00~20:30
小ホール1
※定員に達しました。
現在キャンセル待ち受付中

講師:鉄井孝司(姫路獨協大学講師)

多種多様な文化が共存するアメリカという特異な環境から生まれたジャズ。その誕生のきっかけとなったものは何だったのか。ジャズは他の音楽と相互に影響を与え合っていくつもの変種を生み出してきました。そのダイナミックな特質はどんなものか。実際に音楽を聴きながらジャズの歴史を概観し、その魅力を楽しく実感していただきます。

講座のお申込みについて

エリック・サティ…ユーモアを探して 終了

2021年10月4日(月)
チラシPDFはここをクリック
19:00~20:30
小ホール1
終了しました。

講師:藤井快哉(ピアニスト、大阪音楽大学教授)

その風変りな生涯と作品から「音楽の異端児」と言われたエリック・サティ。
彼にとって仲間の存在とは?音楽とは?
自分らしさに素直であり続けたサティの、自由な生き様をピアノ作品とともに辿っていきます。

講座のお申込みについて

韓国の語り芸・パンソリを楽しもう! 終了

トーク&コンサート
チラシPDFはここをクリック
2021年11月8日(月)
※延期となった5月10日分の振替公演です。

19:00~20:30
会場:東リ いたみホール 6階・中ホール
→東リ いたみホール

   あんそんみん
講師:安聖民(パンソリ唱者)


「パンソリ」ってご存じですか?
パンソリとは、太鼓を打つ一人の伴奏者と、扇子を手に歌い語る一人の唱者が物語を紡ぐ韓国の語り芸です。
朝鮮時代後期に生まれたパンソリが、なぜ今も人々に愛され続けているのか…。その理由をわかりやすくお伝えし、日本語字幕入りで、豊かな物語の世界をお楽しみいただきます。
パンソリへの旅、ご一緒しませんか?

講座のお申込みについて

令和3年度 前期 文化サロン“話題探訪”

韓国の語り芸・パンソリを楽しもう! 延期

トーク&コンサート
2021年5月10日(月)
※令和3年度後期 文化サロン“話題探訪”
 11月8日(月)に延期

19:00~20:30
会場:小ホール1東リ いたみホール 6階・中ホール
※会場変更
   あんそんみん
講師:安聖民(パンソリ唱者)

都市養蜂を通じた「日本の未来を美しくするシゴト」 終了

2021年6月21日(月)終了しました

19:00~20:30
小ホール1チラシPDFはここをクリック
講師:小丸和弘(NPO法人 梅田ミツバチプロジェクト理事長、都市養蜂家、
株式会社クルール代表取締役、インテリアデザイナー/建築プロデューサー)


都市養蜂を通じた緑化活動、食育や環境教育、地域コミュニティ
作りなどの活動について、プロジェクト発足の経緯を交えてお話
します。
また、太古の昔から紡がれてきたミツバチのロマン、
国連サミット
で採択された「持続可能な開発目標( SDG s )」 実現に向けての取
組についてもご紹介します 。

講座のお申込みについて

家紋はお守り~千年の想いを未来へ~ 終了

2021年9月6日(月)

19:00~20:30チラシPDFはここをクリック
小ホール1


講師:森本勇矢(家紋研究家、家紋伝導師)

家紋は京都で発祥し、千年の歴史の中で進化を続け、現代まで伝わっています。
本来は名字と対であった家紋。
家紋とは一体何なのか? どんな意味があるのか?
有名な紋から珍しい紋まで、様々な種類をご紹介しながら家紋を楽しんで頂きます。


講座のお申込みについて

令和2年度後期 文化サロン“話題探訪”

雅楽のたのしみ~ いろいろな雅楽を聴いてみよう

2020年10月12日(月) 終了しました
チラシPDFはここをクリック

19:00~20:30
小ホール1
講師:寺内直子(神戸大学大学院国際文化学研究科 教授)

11月開催の雅楽「伶楽舎」公演と関連して、個性溢れる雅楽の楽器たち、美しい装束を着けて優雅に舞われる舞楽の数々を、視聴覚資料を交えながら解説します。また、古典雅楽だけでなく、廃絶曲の復元、新作雅楽など新しい雅楽の動向についても紹介します。

講座のお申込みについて

関連公演のご案内

aiphonic地球音楽プログラム「雅楽 伶楽舎-世界最古のオーケストラー」
2020年11月7日(土)15:00開演
前売:一般5,500円/学生3,500円(当日各500円増)
セット券8,000円(一般・学生各1枚。前売のみ)

ケルトの音楽旅行 ~ヨーロッパの伝統音楽をハープの音色とともに~

トーク&コンサート
2020年11月9日(月曜日) 終了しました
19:00~20:30 チラシPDFはここをクリック
小ホール1 → メインホール ※会場変更
講師:松岡莉子(ケルティックハープ奏者)


◇ケルト音楽と聞いて皆さんは何を連想しますか?
「リバーダンス」、「エンヤ」、「ケルティックウーマン」、「パブでの演奏」、「タイタニック」…などでしょうか。アイルランド音楽は有名なケルト音楽の一つです。しかし、実はケルト音楽には、イギリス・フランス・スペイン・カナダ・アメリカの音楽も含まれます。イギリスの伝統音楽学科でケルト音楽を学んだ講師がケルティックハープの音色とともに皆さんを音楽旅行へナビゲートします。これを機に、ケルト音楽への理解を深めましょう。どうぞお楽しみに!

講座のお申込みについて

身体から始まる演劇 ~マイムの使い方~

2021年2月15日(月曜日) 終了しました
19:00~20:30 18:30~20:00
小ホール1チラシJPGはここをクリック
※定員に達しました。
 現在、キャンセル待ちは受付中です。
※緊急事態宣言発令の影響により、
 講座の時間が18:30~20:00に変更されました。

講師:盛 加代子(近畿大学舞台芸術専攻 教授)

フランス・パリにある「ジャック・ルコック国際演劇学校」は、仮面劇やアクロバットなど、様々な身体表現とその方法論を中心に、独自の演劇教育法を広く教えています。今回は、自身もジャック・ルコック国際演劇学校の卒業生である講師が、身体表現の中でも重要な要素の一つである「マイム」を中心に、演劇におけるマイムの必要性や役割、様々な動きの種類について、視聴覚資料を交えて詳しくお話します。

書類

講座のお申込みについて

当ホールにご来館いただくにあたり、新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いしております。
詳細は、こちらをご覧ください。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年度前期 文化サロン 話題探訪

古楽とヨーロッパの民族音楽

トーク&コンサート
2020年5月11日(月曜日)
中止

新型コロナウイルス感染症予防対策のため、5月11日(月)「古楽とヨーロッパの民族音楽」は中止となりました。



19:00~20:30
小ホール1
講師:濱田芳通(リコーダー&コルネット奏者、アントネッロ代表)
アシスタント:織田優子(北欧フォークフルート奏者)

クラシック音楽が古い時代の楽曲を取り上げるとき、その時代を紐解く「歴史学」が「音楽」に深く関わることになり、また時には「民族音楽」からも多くのヒントを得ます。それらを学んでいると、クラシック音楽が忘れてしまった生き生きとした演奏スタイルを目の当たりにすることができます。
本講座では、そういった数々の古楽と民族音楽の狭間で繰り広げられる演奏を聴きながら、伝統、ジャンル、スタイルなどの持つ意味を探っていきます。

関連公演のご案内

北欧弦楽アンサンブル カウナン “受け継がれる古のメロディ”チラシPDFはここをクリック
2020 年6 月27 日(土)15:00 開演 伊丹アイフォニックホール
前売:一般4,000 円、学生2,500 円(当日各500 円増、全席指定)

木を打つ~ 木から生まれた打楽器たち

トーク&コンサート
2020年9月28日(月曜日) チラシPDFはここをクリック
19:00~20:30
※終了しました

小ホール1
講師:安永早絵子(ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団 打楽器奏者)

マリンバを始め、カホン、ウッドブロック、ログドラムなど、世界各地の木製打楽器の音色とそこから生まれる多種多様な音楽をお楽しみいただきます。実際に楽器に触れてみるコーナーもございます!

当ホールにご来館いただくにあたり、新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いしております。
詳細は、こちらをご覧ください。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。


 

 

アイフォニック音楽教室♪

―音楽ホールで学ぶ連続実技講座で、あなたもブラッシュアップ!―


◆2021年度 冬期 アイフォニック音楽教室 「オカリナ教室」「ゴスペル教室」

12月3日(金)受付開始(当ホール事務所9:00~/電話予約13:00~)

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講座内容が変更となる可能性があります。
何卒ご了承ください。



【新型コロナウイルス感染症対策について】(PDF)


<オカリナ教室>

◆冬期受付 12月3日(金)から

※新規の方、若干名の募集あり。経験者の方はご相談ください。
入門クラス あたたかい土の音、「オカリナ」で思い出の曲、大好きな曲を吹いてみませんか?
持ち方から丁寧に指導いたします。
初級クラス オカリナがかわいくなってきたら、次はあの曲を吹いてみましょう!仲間と楽しい演奏をしませんか?
中級クラス
講師 オカリナ奏者 大迫ちか子
オカリナを小林理子氏に師事。吹田市を中心に演奏活動を行う。
2012年より「スイートポテトオカリナ合奏団」メンバー。
演奏予定曲目 入門:「エーデルワイス」「ふるさと」 他
初級:「海の見える街」「海の声」 他
中級:「冬のファンタジー」「故郷の空」 他
※変更の可能性あり
日時 1/11・25 2/8・22 3/8・22
火曜日 全6回

時間 初級 10:30~12:00
中級 13:00~14:30
入門 15:00~16:30

受講料 6,000円
※新規の方、テキスト代500円
(アルトC管お持ちでない方、オカリナ代19,000円)
※新型コロナウイルス感染症対策として、講座初回のお支払いとさせていただきます。
定員 各クラス15名
場所 1階小ホール②
※新規の方、若干名募集あり。経験者の方はご相談ください。
※最少催行人数各6名

 

<ゴスペル教室>

 ◆冬期受付 12月3日(金)から

歌が好きな方、何かを始めてみよう、とお考えの方!一緒にゴスペルを歌いませんか?
発声はもちろん、楽しんで歌う!!をモットーに、現在も初心者の方から、
年齢を問わず参加していただいています。たくさんの歌声をお待ちしております。 
講師
 
becchi (シンガー)
シンガーソングライターとして活躍中。ゴスペルの素晴らしさに触れ、現在はイベントや病院、施設を中心に歌う事の楽しさ素晴らしさを広めるため日々活動をつづけています。
演奏予定曲目 「I′m yours」「Just the beginning」 他
※変更の可能性あり
日時 1/17・24 2/7・21 3/7・14
月曜日 全6回

最終日にメインホールで発表会予定(別途参加費 要)
時間 午前クラス11:00~12:30
午後クラス13:30~15:00
受講料 6,000円
※教材代(練習用CD)別途要500円
※新型コロナウイルス感染症対策として、講座初回のお支払いとさせていただきます。
定員 各クラス30名
場所 1階小ホール②

※最少催行人数各6名
※午前・午後クラスとも、同じ内容です。
※講座内容は録音可能です。
必要な方はボイスレコーダー等お持ちください。 

クリスマス
 
ゴスペルコンサート
2019 
演奏曲目(予定)
♪O Come All Ye Faithful
♪Because of Who You Are
♪ This Little Light of Mine(ワークショップ)
♪Joyful Joyful
♪ Let It Be
出演
 
アイフニック音楽教室「ゴスペル」受講生
ベッチ
becchi(講師) 
会場 伊丹アイフォニックホール メインホール
開催日 2019年12月16日(月) 終了しました
開演 14:00(開場13:30)
料金 無料



◆2020年 アイフォニック音楽教室

 


<音楽ホールでルネサンスギターを奏でよう>


アイフォニックホール×工芸センター 連携事業
◆受付 2021年1月30日(土)から
当ホール事務所9:00~22:00
ウクレレのルーツでもある“ルネサンスギター”を演奏してみませんか?
初心者の方、楽譜が読めない方も大歓迎!経験者の方にはそれぞれの技量に応じた指導もいたします。


16世紀に親しまれた“ルネサンスギター”。
人々はギターをつま弾き、また時にはかき鳴らし、日常の喜怒哀楽を表現していました。
簡素な楽器として庶民にも親しまれていましたが、王侯貴族にも愛され、
芸術豊かな曲集も出版されています。
時代背景、楽譜、奏法を学び、ルネサンス音楽の楽しさに触れてみませんか?
(ポルトガル人によってルネサンスギターがハワイに持ち込まれ、現在のウクレレになったと言われています)
 
講師 佐野健二 (リュート・ギター奏者、EMC主宰、相愛大学非常勤講師)
英国ギルドホール音楽演劇学校主席卒業。
演奏家として多くの賞を受賞するだけでなく、自ら楽器製作も手がける。 
演奏予定曲目 ◇ルネサンス組曲「パヴァーヌ」「村のブランル」 他
◇はやり歌「グリーンスリーブス」 他

日時 2021年 5/15・29 6/12・26 7/10・17

土曜日 全6回
※5/15休講 5/29開講
時間 14:00~15:30
※初回(5/15)のみ、13時から楽器の調弦等の確認を行います。
ご希望の方は講座申込時にお申し出ください。 
受講料 12,000円
定員 15名 ※最小催行人数7名
場所 1階小ホール①
対象 伊丹市立工芸センターの「ルネサンスギター製作講座」受講者で、
楽器を製作された方

※ウクレレやギターをお持ちの方(上記講座の楽器製作をされていない方)
(ルネサンスギターはウクレレと同じ調弦です。普通のギターで受講の方は
5フレット目にカポタストをつけていただきます。)
※楽器のレンタルはありません。
 
工芸センター
古楽器製作講座 
ルネサンスギター製作講座「西洋古楽器を身近な材料でつくる」
◇日程:2021年1/30(土)~【土曜日・全8回】
◇時間:12:00~16:00
◇講師:佐野健二
◇会場:東リ いたみホール
詳細は 伊丹市立工芸センター 072-772-5557 
 

 


<初心者のためのオペラ合唱教室>
※新型コロナウイルス感染症対策のため、全日程中止となりました。

―音楽ホールで学ぶ連続実技講座で、あなたもブラッシュアップ!-
◆受付 2020年3月27日(金)から

当ホール事務所9:00~/電話予約13:00~ 

今までオペラを歌ったことがなくても参加できる初心者のための音楽教室です。
発声のためのカラダづくりやイタリア語の読み方などを楽しく学びながら、
オペラを歌うことで心も体も元気になりましょう♪
男女問わず、みなさまのご参加をお待ちしております!

講師 森川華世(声楽家)
ピアニスト 殿護弘美
日時 2020年 5/8・15・29 6/12・26 (全日程中止)
金曜日 全5回
講座内容
(予定)
・準備運動・発声方法
・イタリア語・楽譜の読み方
・イタリア語で歌ってみよう 
・『ナブッコ』に挑戦!

『ナブッコ』とは 紀元前6世紀のエルサレム。敵国バビロニア王ナブッコによる侵略で、
ヘブライ人達は怒りと混乱に陥る。
一方バビロニアでは王女達が謀反や改宗をする。怒ったナブッコは神々を
罵り自らが唯一の神だと叫ぶが、その刹那、王冠は雷に落とされる…。
第3幕でバビロニア軍に捕らわれたヘブライ人たちが望郷の念を歌う
「行け、わが思いよ、黄金の翼に乗って」は勇壮な響きの合唱曲。
イタリアでは「第2の国家」と呼ばれるほどに愛されており、ヴェルディ
葬儀の際には820人の歌手によって歌われた。 
時間 19:00~20:30
受講料 5,000円
定員 50名 ※最小催行人数12人
場所 1階小ホール②
※準備運動などをするので、動きやすい服装でお越しください。
お着替えのスペースはございません。




*****************************

申込方法:お電話、または、ご来館。定員になり次第締切ります。

<受講料のお支払いについて>
※新型コロナウイルス感染症対策として、講座初回のお支払いとさせていただきます。
一旦納入された受講料は原則として払い戻しいたしません。 

【振込先】 口座番号:00960-4-316319 加入者名:伊丹アイフォニックホール
※住所・氏名・電話番号を指定の欄にご記入の上、通信欄に人数、教室名をお書きください。
※払込手数料はご負担願います。



▲ ページトップへ




鳴く虫と郷町






▲ ページトップへ